キャリアのスマホを格安スマホへ乗り換えたらどうなる?

アナログ男
格安スマホに乗り換えるっていってもいまいちイメージがつかめないんです。わかりやすい方法ありませんか?

シム子先生
それなら、わかりやすくするためシミュレーションしてみましょう。これから説明するのでこちらの状況に自分を当てはめて見るといいわ。

キャリアのスマホを格安スマホへ乗り換えちゃおう!

あなたはスマホも古くなったから、スマホごと格安SIMにリニューアルしたい!と考えていませんか?

格安SIMの乗り換えで一番簡単でわかりやすいケースが、SIMカードとスマホ本体をセットで契約する方法です。

SIMカードと本体が割安なスマホセット商品を契約することで、電話番号を変えずに、そのまま新しいスマホに乗り換えることができます。

難しい設定やスマホ選びが苦手なら気軽に格安SIMを始められるセット商品を選んでみませんか?

例)キャリア(ドコモ)から格安SIM(mineo)に乗り換えみた。

それでは、イメージしやすいように、ドコモで契約したAndroidスマホをmineoでスマホ本体ごと乗り換えたときのシミュレーションをしてみましょう。

あなたの今の契約

NTTドコモ(カケホーダイライト)+(データMパック)

基本プラン インターネット接続サービス データプラン  購入端末 端末代金 月額合計
 今の契約  カケホーダイライト
(5分以内の通話無料)1,700円
300円  データMパック
(5GB)5,000円
7,000円

 

まず、あなたの今の契約状況を上記のように仮定させていただきます。

NTTドコモでスマホを購入して、5分以内の通話無料付きのカケホーダイライト、データ容量は5GBのデータMパックで契約しています。

こちらの契約で毎月7,000円の支払いをしているとしましょう。(スマホ代金はもう支払い終わっている状態です。)

今の契約=毎月7,000円の支払い

 

これから行う新しい契約

mineo(格安SIMDプラン6GB)+(スマホ本体HUAWEI P10 lite)

基本プラン オプション 端末購入 端末代金 月額合計
新しい契約  デュアルタイプ6GB
(データ通信+音声通話)2,280円
 mineo電話
(10分かけ放題)850円
HUAWEI
P10 lite
24回分割
1,150円/月
4,280円

 

それでは次に今までのキャリアの契約をmimeoの契約に変えて、スマホ本体も新しくしたときのシミュレーションをしてみましょう。

基本プランの仕組みが違うのでそのまま比較することはできませんが、まずは、データ通信を同じぐらいの6GBに設定して、通話も10分かけ放題のプランを選びます。

その状態のまま、maineoで「HUAWEI P10 lite」を購入してSIMのセットで契約します。

そうすると、新しいスマホ本体料金も含めた毎月の料金が、4,280円になります。

新しい契約、スマホ本体料金も含めた毎月の支払い=4,280円

 

格安スマホ乗り換えで毎月7,000円の支払いが4,280円へ

 

えっ!やばくないですか?

スマホ本体も新しく変えているのに、毎月の料金は安くなっている・・・・。

 

このように、格安SIMのシミュレーションをすればわかるように、乗り換えることによって毎月のスマホ代はこんなにも安くなるんです。

あなたもイメージできたら、スマホごと格安SIMにリニューアルをチャレンジしてみましょう!

 

 

格安スマホの取り扱い会社では、定期的にそれぞれお得なキャンペーンを開催しています。

特に、スマホとSIMのセットで契約する場合は、お得なキャッシュバックがもらえる可能性があるので1度確認してみましょう。

格安スマホはSIMのセット購入がおすすめ!キャッシュバックキャンペーン

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です