格安スマホのデータSIMと音声SIMの違い|どれを選べばいい?

アナログ男
格安SIMを選ぼうとしたら、データSIMと音声SIMどちらにしますか?って聞かれたんですけど、どう違うんですか?

シム子先生
格安SIMを選ぶには、まずSIMのタイプを知る必要があるわ、全部で3種類あるのでこちらで違いを学んで行くといいわよ。

格安スマホはどのタイプのSIMを選べばいいの?

格安スマホにするためのSIM選び、まずはどのタイプにすればいいのか?という壁にぶつかると思います。

格安SIMの種類は大きく分けると、音声通話までできるものと、データ通信しかできないものに分けられます。

さらに細かく分けるとデータ通信にSMS(ショートメール機能)だけ付いたものも存在します。

 

つまり全部で3種類「音声通話対応SIM」「データ専用SIM」「データ専用+SMS対応SIM」です。

 

・スマホを今まで通り、電話として使いたいなら、「音声通話対応SIM」
・スマホをデータ通信専用にしたりタブレットでSIMを使いたいなら「データ専用SIM」
・電話はいらないけどLINEなどアプリの認証が必要なら「データ専用+SMS対応SIM」

を選ぶ必要があるのです。

キャリアからの乗り換えは音声SIM契約一択

つまりあなたがキャリアから乗り換えるのであれば、基本的には、「音声通話対応SIM」を契約することになります。

今まで使っていたスマホと同じように使いたいなら、他の種類のSIMを選んではいけません。

 

もう1度格安SIMの種類と機能について再確認してみましょう。

格安SIMの種類 どんな機能が使える?
音声通話対応SIM 通話を含めネットも全て使いたい

このタイプなら、音声通話のほか、データ通信やSMSも使えます。

データ専用SIM 通話は不要なのでできるだけ安くしたい

このタイプはデータ通信のみに対応するSIMです。電話機能のないタブレットによく使われます。

データ専用+SMS対応SIM LINEなどの認証にSMSが必要

このタイプは、データ通信に加えSMSの利用可能なSIMです。ショートメール機能による本人認証が必要ならこちらです。

 

またSIMカードのサイズによる違いはこちらで確認できます。

SIMカードのサイズの違い|自分の機種に合うサイズとは?

まとめ

今使っているスマホは音声通話できるのが当然なので、このように3種類あるというのが、逆に格安SIM選びを悩ませることになっているのではないでしょうか?

今までと同じように使いたくて毎月のスマホ代を安くしたいなら、シンプルに「音声通話対応SIM」を選択すればいいでしょう。

データ通信専用SIMはスマホを2台持ちするような、通話機能が不要な人に好まれます。

普通の人はあまり深く考えず、「音声通話対応SIM」を選びましょう。

 

 

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です