格安SIMのデータ容量は、高速/低速の切り替えで効率よく節約できる!

アナログ男
格安SIMのデータ容量をとにかく節約したいんですけど、良い方法はないでしょうか?

シム子先生
それならデータ通信の高速と低速を切り替えることができるMVNOを選ぶと良いわ。上手く使えば、決められたデータ容量を節約して効率よく使うことができるわよ。

 

高速通信を必要な時だけONしてデータ量を節約

格安SIMの仕組みは各MVNO、プランごとに高速データ通信の上限が設定されています。

例えば、3GB、5GB、といった感じに決められ、5GBを選択すれば、1ヶ月の間に5GBを超えた時点で、低速でしか通信できないくなります。

通信速度が制限され、1度低速になれば、動画はもちろん、メールチェックやウエブページを見ることさえできなくなってしまいます。

そこで、そうならない為に使いたいのが、「必要に応じて高速通信のオン/オフを切り替えて通信量を節約できる機能」

制限される前に、メールチェックやウエブページなどの閲覧は低速に切り替えて使うことで、データ容量を節約し、動画など大量のデータ量がいる時だけ高速通信をオンにすれば、効率よくデータ容量を使うことができます。

 

例えば、IIJmioでは「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」をダウンロードしてクーポンのON/OFFの設定することで好きなのタイミングで高速/低速通信を切り替えることができます。

 

 

専用アプリで通信速度を制御

これらの制御は、各MVNOの専用アプリで切り替えることができますが、どのMVNOでも使える機能ではありません。

そのほかでも高速/低速通信の切り替えを利用できるMVNOは、

・IIJmio
・OCNモバイルONE
・mineo
・UQモバイル
・楽天モバイル

となっています。

この機能をうまく利用してデータ容量を効率よく使うことができるのでこういう角度からも格安SIM会社を検討してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

MVNOでは、このように色々な便利機能がついていますが、全ての会社が取り扱っているというわけではないのです。

他にも色々と便利な機能もありますが、それらもこっちにはついているけど、あっちにはない・・・

なんてことがたくさんあります。

自分にとって何が便利で必要なのか、もう1度しっかり考えて必要な機能がついている会社を選ぶことが、効率よく格安SIMを使うコツと言えるでしょう。

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です