iPhoneを格安SIMで使う徹底ガイド!半額以上お得にする3つの方法

アナログ男
iPhoneでも格安SIMって使えるんですか?毎月のスマホ料金が高くて困っているんですけど・・あと格安SIMに替えたらiPhoneの機能ってなくなったりしないんでしょうか?

シム子先生
キャリアのiPhoneを持っている人はコストがかかって困っている人も多いみたいね。でも大丈夫、iPhoneと格安SIMはとても相性がいいのよ、もちろんiPhoneの機能もそのまま使えるわ、契約する会社が変わるだけで本体が変わるわけではないのよ、その辺も踏まえて紹介していくから参考にするといいわ。

 

iPhoneを格安SIMでもっとお得に使うための基本を理解しましょう。

スマホの中でも人気が高く圧倒的なシェアのiPhone、周りを見渡すとみんなiPhoneなんてこともあるくらいです。

そんな iPhoneですが、ドコモなどのキャリアで購入すると、どうしてもコストが高くなってしまいますよね。

それでも最近では、ドコモ・au・ソフトバンクでも購入できるようになったため、各社の競争からキャンペーンや割引が行われるようになりタイミングが合えば、本体は安く手に入るようになりました。

ですが問題なのが、維持費、ランニングコストです!!

キャリアで購入すると端末の分割代も含めると毎月1万円以上は当たり前という金額になってしまうのです。

 

そこで注目したいのがiPhoneと格安SIMの組み合わせ、うまく組み合わせると半額以上もお得になるんです。

そんなiPhoneと格安SIM(MVNO)の組み合わせや注意点、お得な情報を惜しげなく紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

iPhoneで格安SIMを使うための3つの方法

1.SIMフリー版のiPhoneを格安SIMで利用する

iPhoneで格安SIMを使う方法で1番カンタンでトラブルが少ないのが、iPhoneの直営店アップルストアで販売されているSIMフリー版のiPhoneを購入してMVNOのSIMカードと組み合わせることです。

SIMフリー版のiPhoneは当然ながらSIMロックがかかっていないため、好きなMVNOと組み合わせて使うことができます。

 

SIMフリー版のiPhoneで使えるMVNO
mineo(Dタイプ)、mineo(Aタイプ)、llJmio(Dタイプ)、IIJmio(タイプA)、、楽天モバイル、FREETEL、UQモバイル、b-mobile S、Hitスマホ、ワイモバイルすべて使えます。

2.キャリア版のiPhoneを格安SIMで利用する

すでにキャリアで購入しているiPhoneでも、回線の契約を解除すれば格安SIMに乗り換えることができます。今使っているiPhoneにMVNOのSIMカードを入れ替えて使用するという形です。

ただし、キャリア版のiPhoneは注意が必要です。

アップルストアで購入するSIMフリー版と違い、キャリア版にはSIMロックがかかっているため、そのままで利用できるSIMカードには制限があることを知っておきましょう。

例えば、そのままではドコモで契約したiPhoneはドコモ系のMNVOでしか使えません。auならau系のMVNO、ソフトバンクならソフトバンク系のMNVOといった具合に端末と回線を合わせる必要があります。

その中でも比較的カンタンなのがドコモ版のiPhoneです。

なぜならMVNOのほとんどがドコモの回線を借りているからです。

 

SIMロックされた状態で利用できるMVNOの一覧

ドコモ版iPhoneのSIMロック状態で使えるドコモ系MVNO

mineo(Dタイプ)
llJmio(Dタイプ)
楽天モバイル
FREETEL

au版iPhoneのSIMロック状態で使えるau系MVNO
mineo(Aタイプ)のみ

※IIJmio(タイプA)やUQモバイルもau系MVNOですがiPhone6S以降でauVoLTE SIMを使う場合はSIMロック解除が必要です。

ソフトバンク版iPhoneのSIMロック状態で使えるソフトバンク系MVNO<br />
b-mobile Sのみ

※ソフトバンク系MVNOは他にもHitスマホ、ワイモバイルとありますがこちらもSIMロック解除が必要です。

iPhoneでSIMロックされた状態で格安SIMを使う方法とは?ドコモ版、au版、ソフトバンク版とキャリア別に紹介!

 

このように、キャリアで購入したiPhoneでも、回線を合わせることでそのまま格安SIMを使うことができますが、auやソフトバンクのキャリアで購入したiPhoneでもSIMロック解除さえすればどこの格安SIMでも使えるので心配はいりません。

※iPhoneのSIMロック解除については後ほど詳しく紹介します。

 

3.MVNOでiPhoneを購入して格安SIMを利用する

最後はUQモバイルやワイモバイルでSIMカードとセットで販売されているiPhoneを購入するという方法です。

MVNOの中でもUQモバイルやワイモバイルでは旧モデルのiPhoneを取り扱っています。最新モデルは買えませんが、セットで買うことでそのまま格安スマホにすることができます。

 

iPhoneをSIMカードとセットで購入できるMVNO

UQモバイル
ワイモバイル

 

番外編:中古ショップで購入したiPhoneで格安SIMを利用する

 

番外編として中古のiPhoneを購入し格安SIMと組み合わせて使うという方法もありますが、前ユーザーの支払い状況の確認などトラブルがないように注意が必要です。購入前には信頼できるショップを選びましょう。

また、ヤフオク・メルカリは絶対NGです。ネットでの個人売買では赤ロム(ローン未払いのもの)をつかまされる場合があるので注意が必要です

 

iPhoneはSIMロック解除を行えばすべてのSIMが使えます。

上記のキャリア版のiPhoneの説明では、SIMロック解除を行わないでそのまま使えるMVNOを紹介させていただきました。

ですが、iPhoneは格安SIMととても相性がよく、SIMロック解除すれば、すべてのSIMを利用できるんです。

SIMロック解除は各キャリアから簡単に行うことができます。店舗で解除してもらうと3,000円かかりますがWebからは無料で解除できますのでそちらを選びましょう。

 

1つだけ注意があるとすれば、iPhone6以前のiPhoneではSIMロック解除ができないということです。

逆を言えば、iPhone6s以降はSIMロック解除できます。

SIMロック解除可能なiPhone

iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X

このようにiPhone6s以降はSIMロック解除することで、どこのMVNOとでも契約することができます。お好きなMVNOと契約してあなたのiPhoneを格安スマホにしましょう。

まとめ

iPhoneは格安SIMとの相性がいいので、これから買う人も今使っている人も月々のスマホ料金を節約するならぜひ利用したいところです。

iPhoneは対応帯域の広さからSIMロックを解除すればどの規格のSIMにも対応するため格安SIM向きの端末です。

ですから「申し込んだが使えない」ということはなく安心です。

Phone6以降の機種であればSIMロック解除でどの格安SIMでも使えますが、それ以前の機種であっても現在ドコモ系のiPhoneを使って入ればドコモ系の回線を使っているSIMに乗り換えれば安心して使えます。

あなたもこちらを参考にしてiPhoneを格安料金で使ってみましょう。

 

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です