LINEで「既読」をつけずにメッセージを読む裏技!

LINEでは、読んだメッセージに「既読」のマークが表示されるので、相手がメッセージを読んだかどうかわかるのでとっても便利ですよね。

でも反対に、相手に「既読」のマークが表示されるのが嫌という人もいるでしょう。

そこで、今回はLINEで「既読」をつけずにメッセージを読む裏技を覚えておきましょう。

LINEで「既読」をつけずにメッセージを読む裏技!

えっ?本当にそんな方法があるの?と思うかもしれませんが、実は、LINEで「既読」をつけずにメッセージを読む方法は2つあります。

まずはスマホの「通知」でメッセージを読む方法です。

スマホの「通知」でメッセージを読む方法

通知で読む方法は、スマホに表示されたLINEメッセージをLINEのトーク画面を開かずに読む方法です。

LINEのメッセージ通知をそのまま読むので「既読」のメークがつきません。タップしてトークを開かないように注意しましょう。

「通知」でメッセージを読む方法はiPhoneとAndroidで設定の方法が少し違うので両方紹介しておきます。

iPhoneの場合

LINEのアプリを開いて、画面右下の「・・・」→歯車のマークの「設定」→「通知」をタップします。そして「メッセージ通知内容表示」をオンにします。

 

画面右下の「・・・」をクリック

歯車のマークの「設定」をクリック

「通知」をタップします。

「メッセージ通知内容表示」をオンにします。

 

さらに、LINEを一度閉じて、iPhoneのホーム画面から、設定をクリックして、「LINE」→「通知」→ロック画面表示をオンにします。

 

iPhoneのホーム画面から、設定をクリックして、「LINE」をクリックします。

「通知」をクリックします。

「メッセージ通知内容表示」をオンにします。

これでiPhoneの設定は終わりです。

 

 

Androidの場合

Androidの場合も、ほとんど同じですが、LINEのアプリを開いて、画面右下の「・・・」→歯車のマークの「設定」→「通知」をタップします。

そして「メッセージ通知内容表示」をチェック、「画面オン時のポップアップ表示」「画面オフ時のポップアップ表示」の全てをチェックした状態にしておきます。

 

機内モードでメッセージを読む方法

スマホの「通知」でメッセージを読む方法に続いて、もう一つのLINEで「既読」をつけずにメッセージを読む方法は、機内モードでメッセージを読む方法です。

LINEのトークルームにメッセージが届いたことを確認したら、機内モードをオンにします。

そして機内モードのままメッセージを読んで、そのままLINEを終了すると、なんと相手のトーク画面には「既読」のマークはつきません。

 

機内モードをオンにします。

 

トークを選ぶと、「ネットワークに接続してません」と警告が出ますが、受信済みのメッセージは読むことができます。

この仕組みを利用して相手に「既読」のマークをつけないようにします。

読み終わったら機内モードはオンのまま、LINEを終了しておきましょう。

以上が、機内モードでメッセージを読む方法です。

まとめ

今回は、LINEで「既読」をつけずにメッセージを読む方法を2種類紹介させていただきました。

こんな裏技があるなんて知らなかったのではないでしょうか?

ぜひ自分が使いやすい方法を試してみましょう。

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です