格安SIM&格安スマホの説明で、必ず出てくる「MVNO」って何?

アナログ男
格安SIMについて調べていると「MVNO」って言葉がよく出て来るんですけど・・・あれって何ですか?
シム子先生
格安SIMは「MVNO」と呼ばれる通信事業者が販売するSIMカードのことなの。つまりMVNOとは格安SIMを提供している会社のことになるわ

格安SIMの説明で、必ず出て来る「MVNO」って何?

 

MVNOとは仮装移動通信サービスのことで自社回線を持たずに通信サービスを提供する事業者のことです。

通常、通信サービスを行うには各地に基地局(アンテナ)を建てたり、管理、運営したりといった大規模な設備を行う必要があります。

ですが、MVNOはそれらを持たず、ドコモ・au・ソフトバンクなど大手キャリアからそれらを借りて携帯電話サービスを提供しています。

 

昔はドコモ・au・ソフトバンクしか通信サービスを行うことができませんでしたが、規制緩和により回線をレンタルしてどこでも通信サービスを行うことができるようになりました。

 

その数は右肩上がりで増加しており、現在は600社を超えるまでになっています。

 

アナログ男
そうなんですね。規制緩和によっていろいろな業者が通信サービスに参入できるようになったんですね。
シム子先生
昔はお酒は営業権利がないと販売できなかったけど規制緩和によってどこでも扱えるようになったわね、最近では電気もそうね、いろいろな会社が電気を販売できるようになったのを知ってるわよね。通信サービスでもその流れが来たってことなのよ。そういう時代になったってことなのね。

それとは反対にドコモやau・ソフトバンクなどキャリアのことはMVOと呼びます。

MVO

ドコモやau・ソフトバンクのこと

MNOが持っている回線設備をMVNOにレンタルして運用されているのが格安SIMです。MNOは回線を貸す側となっています。

<strong>対応企業</strong>
ドコモやau・ソフトバンク・ワイモバイル

MVNO

MNOから回線を借りて、自社の運用サービスを運用する会社です。

対応企業
U-mobile、FREETEL、OCNモバイルONE、LINEモバイル、UQモバイル、nuruモバイル、DMMモバイル、DTM SIM、TONEモバイル、IIJmio、mineo、楽天モバイル、BIGLOBEモバイル・イオンモバイル、LinkMate、hi-ho、

アナログ男
「MVNO」についてよく分かりました。今回も詳しい説明ありがとうございました。

 

 

ほかにもわからない言葉があれば、こちらで「格安スマホの用語集」をまとめています。もしよかったら参考にしてみてください。

格安SIMと格安スマホを理解するための基本用語集!わからない単語はこちらで調べましょう。

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です