格安SIMでも解約金が?違約金と2年縛りから抜け出せない?

アナログ男
キャリアから格安スマホに乗り換えるときってタイミングを間違えたら解約金が発生しますよね。もしかして格安スマホでも同じようなことがあるのでしょうか?

シム子先生
格安SIMに解約金があるか、ないかに関しては、各MVNOで異なるの、契約前にこちらで学んでおくことをおすすめするわ。

 

格安SIMでも解約金がかかるって本当?

キャリアでは、2年の長期継続契約が当たり前で、途中で解約すると違約金が取られますよね。

また2年経って乗り換えたいと思っても、うっかり更新月を見逃して自動更新されてしまった・・・なんて経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

そうなると、また2年使い続けなくてはなりません。

このよう束縛とも言えるようなシステムに苦しめられて、乗り換えのタイミングを逃してしまうケースは後を絶ちません。

格安スマホにする時は「キャリアの解約違約金」に注意!!

でも、このシステム、今度乗り換える予定の格安SIMでもあるのでしょうか?

格安SIMを契約したけど、今度は使い勝手が悪い、別の格安SIMに乗り換えたいと考える人にそれが可能なのか紹介したいと思います。

格安SIMの最低利用期間、縛りについて

格安SIMでも解約金が発生するのか、最低利用期間はあるのか?という質問については、あるところもないところもあるというのが答えです。

しかし、解約金や、最低利用期間が0円のMVNOでも、その代わりMNP転出料が発生してしまうことが多く

完全に0円になることはありません。

(MNP転出とは、電話番号を引き継ぐサービス、電話番号を変えたくないなら必須)

それぞれの最低利用期間と違約金、MNP転出料について一覧表を作ってみたので確認してみてください。

各MVNOの最低利用期間と違約金、MNP転出料、一覧

MVNO 最低利用期間 違約金 MNP転出料
mineo なし  なし 12ヶ月以内:11,500円
13ヶ月目以降:2,000円
IIJmio  12ヶ月  (12-利用月数×1,000円) 3,000円
イオンモバイル  なし  なし 6ヶ月以内:8,000円
6ヶ月以降:3,000円
DMMモバイル  12ヶ月  9,000円 3,000円
 楽天モバイル  12ヶ月  9,800円 3,000円
 DTI SIM  12ヶ月  9,800円 5,000円
OCNモバイルONE  6ヶ月  8,000円  3,000円
 BIGLOBEモバイル  12ヶ月  8,000円 3ヶ月以内:6,000円
4ヶ月目以降:3,000円
 U-mobile  6ヶ月/12ヶ月  3,500円〜12,000円 3,000円
ワイモバイル  24ヶ月  9,500円 6ヵ月以内:6,000円
7ヵ月目以降:3,000円

 

このように各MVNOでもキャリアと同じように乗り換え時には、料金がかかってしまいます。例えば、この表で確認してみるとmineoは最低利用期間も違約金もないので、13ヶ月使えば、MNP転出料の2,000円のみで乗り換えることができます。

イオンモバイルも6ヶ月以降、MNP転出料の3,000円のみです。

DMMモバイルは 12ヶ月以内なら解約金が9,800円、MNP転出料が3,000円かかるという計算です。

格安SIMだから、次々と乗り換えて自分にあったものを探そうなんて思っている方は注意ですね。

どのMVNOが解約金があって、どこがないのか、最低利用期間の日数なども事前に確認しておきましょう。

まとめ

各キャリアでは、最低利用期間、解約金がないものの、MNP転出手続きは必ずかかってきます。

もちろん最低利用期間、解約金ある・なしだけで格安SIMを選ぶことはできませんが、契約前に知っておくと安心ですよ。

 

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です