【格安スマホの通話事情】格安SIMの通話は、かけ放題が使える?

アナログ男
キャリアから格安スマホに乗り換えても通話はできるのでしょうか?不便になったりしませんか?

シム子先生
格安スマホでも音声通話対応SIMを選択すれば、通話することができるわ、でも今まで通り使うなら通話定額オプションが必要ね。でもオプションも低価格だからキャリアより安くなるのよ。

格安SIMで通話できるの?

キャリアのスマホから格安SIMに乗り換える時の不安のひとつとしてあげられるのが、今と同じように電話が使えるのかと言うこと

これは、SIMの種類の中で、「音声通話対応SIM」を選ぶことで対応できます。

ここで間違えてデータ通信専用SIMを選んでしまうと、今までのように音声通話できなくなってしまうので注意が必要です。

格安スマホのデータSIMと音声SIMって何が違うの?どのタイプを選べばいいの?【SIMカードの機能の選び方】

 

今まで使っていた電話番号も継続して使うこともできます。

格安SIMに乗り換えても今の電話番号は使えるの?MNPの利用方法と注意点を紹介!

 

格安SIMでの通話料について、キャリアと比べて高くないの?

では、格安SIMの通話料金についてはどうでしょう?

せっかく使えてもキャリアより高ければ、乗り換える意味はなくなります。

まず、MVNOでSIMの種類(音声通話対応SIM)とデータ容量を選択して契約すると思います。

こちらが格安SIMの基本料となりますが、通話料は基本的に20円/30秒となります。これはキャリアと同じぐらいの料金となります。

ですが、このままの契約で通話した場合、1時間で2,400円かかってしまうことになります。

これでは、何のために格安スマホに替えたのかわからないですよね。

そこでまず、格安SIMでの通話では、各MVNO専用の通話アプリを使うことになります。

通話アプリを使えば、基本的な20円/30秒が半額になるケースが多く、どこのMVNOでも取り入れています。

例)
・楽天でんわ
・mineoでんわ
・みんふぉんダイアル
・BIGLOBEでんわ など

まずはこれらの通話アプリを使って、通話料を半額にしましょう。

その上で、通話定額のオプションサービスを利用することをおすすめします。

 

格安SIMでもたくさん電話したいなら「かけ放題」オプションがお得!

格安SIMでもたくさん通話したいなら「かけ放題」がおすすめです。

これは通話定額サービスといって、有料のオプションサービスとなるのですが、1回あたりの指定時間はあるものの、通話が何度でもかけ放題になるというものです。

例えば、mineoでは月額850円で、「mineoでんわ 10分かけ放題が利用でき、そちらのオプションをつけてもキャリアの月額料金よりも大幅に安くなります。

このような「かけ放題」オプションはほとんどのMVNOで提供されているので、ぜひ活用しましょう。

 

自分の通話タイプにあった「かけ放題」を選びましょう。

一概にかけ放題とはいっても、各MVNOで色々な種類のかけ放題プランが、提供されています。

ですからその中でも自分の通話タイプにあった「かけ放題」オプションを選択する必要があります。

まずは、どのような種類の「かけ放題プラン」があるのか確認してみることにしましょう。

1回あたりの通話時間が短いという人

・1回3分・5分・10分以内ならかけ放題になるプランがおすすめ

1回あたりの通話時間が短いけど何度も電話をかけるという人は1回3分・5分・10分以内なら回数無制限でかけ放題になるオプションがおすすめです。

(ほとんどのMVNOでこのオプションは提供されています。)

電話のかけ方が不規則な人

・最大30分〜180分が毎月かけ放題になるプランがおすすめ

いつも通話時間がバラバラ、不規則で決まっていないという人は、回数に関係なく、月30分〜180分がかけ放題になるオプションがおすすめです。

(IIJmioやmineoで提供されています。)

恋人や友達、家族とたっぷり話したい人

・時間も回数も無制限にかけ放題になるプランがおすすめ

恋人や友達、家族と長電話したい人は、時間も回数も無制限になるかけ放題がおすすめです。こちらのプランは格安SIMではほとんどないオプションですが、ワイモバイルが+1,000円で提供していてかなり人気です。

(ワイモバイルで提供されています。)

 

各MVNOで提供されている「かけ放題」オプション一覧

かけ放題の通話オプションを提供しているMVNOはこちらです。

MVNO 通話定額オプション タイプ 月額 公式サイト
mineo mineoでんわ 10分かけ放題 1回10分 850円  公式サイト 
mineo 通話定額30 月最大30分 840円  公式サイト
mineo 通話定額60 月最大60分 1,680円  公式サイト
 IIJmio  誰とでも3分、家族と10分  1回3分・5分  600円  公式サイト
 IIJmio   誰とでも10分、家族と30分  1回10分・30分  830円 公式サイト
 BIGLOBEモバイル  3分かけ放題  1回3分  650円  公式サイト
 BIGLOBEモバイル  通話パック60  月最大60分  650円  公式サイト
 OCNモバイルONE  10分かけ放題  1回10分  850円  公式サイト 
 楽天モバイル  5分かけ放題  1回5分  850円  公式サイト
ワイモバイル  10分かけ放題  1回10分  基本料に含む  公式サイト
ワイモバイル  スーパーだれとでも定額  無制限  1,000円  公式サイト

 

こちらの一覧を見ればわかると思いますが、多くのMVNOでは、3分〜10分かけ放題となっていますが、他とは違うサブキャリアのワイモバイルでは1,000円で完全かけ放題となる「スーパーだれとでも定額」を提供しています。さらに基本料に10分かけ放題が含まれているので、オプションを選ばなくてもかけ放題が使えます。

恋人や友達、家族と長電話したい人はワイモバイルを選びましょう。

まとめ

格安SIMで今まで同じように通話したいなら、音声通話対応SIMを契約して、かけ放題のオプションを利用しましょう。

かけ放題のプランは、あなたの通話タイプによって選ぶプランが変わってきます。

まずは上記で、自分がどのタイプなのか知った上で検討してみましょう。

 

 

 

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です