格安スマホ(SIM)基本用語集|わからない単語はこちらで解決!

アナログ男
あの~格安SIMについて勉強しようと思っていろいろ調べているんですけど、わからない単語ばかり出てきて困っています。何とかならないでしょうか?
シム子先生
そうなのよ、格安SIMや格安スマホをしっかり理解するためには、まず基本用語を覚える必要があるのよ、こちらで紹介するので覚えておくといいわ。

格安SIMのプランや格安スマホの選び方などを見ても、わからない単語が出てくることがありませんか?

格安SIMのことを学んでいたらわかると思いますが、専門用語がたくさん出てきます。

わからない単語はそのままにせず、こちらをチェックして意味を理解しましょう。

格安SIMと格安スマホを理解するための基本用語集

格安SIMの基本用語を英数字・あいうえお順で紹介していくので、調べたい単語があるかチェックしてみましょう。

DSDS
2枚のSIMを同時に待ち受け出来るスマホのこと

スマホの端末に2枚のSIMをセットし同時に待ち受けられるのがDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)ひとつのスロットに2枚SIMが挿せるようになっていて、電話番号はもちろん、通話と、通信SIMに使い分けることができます。

MNO
ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアのこと

ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアのことをMVOといいます。MVOが持つ通信回線の設備をMVNOにレンタルして運用されているのが格安SIMです。

MNP
今の電話番号をキープしたまま、ほかのキャリアに転出できる制度

格安SIMに替えるとき今の電話番号をそのまま使いたいと思いますが、そのまま何もしなければ新しい電話番号になってしまいます。そこでMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を利用すれば、キャリアから番号を替えずに格安SIMに替えることができます。MNPをするときはキャリアで手続きが必要で、転出料を支払う必要があります。MNPで乗り換える前にはキャリアで予約番号を取得しましょう。

格安SIMに乗り換えても今の電話番号は使えるの?MNPの利用方法と注意点を紹介!

 

MVNO
格安SIMを提供している会社のこと

MVNOは仮想移動体通信業者といって自社回線を持たずに通信する会社のことです。例えば、IIjmio、mimeo、楽天モバイル、UQモバイル、などがこれに当たります。それに対してドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアのことはMVOと呼びます。

格安SIM&格安スマホの説明で、必ず出てくる「MVNO」って何?

 

SIMカード
加入者の通信情報が記録されているICカード

SIMカードは電話番号や契約者情報など加入者を特定するためのID情報が記録されたチップ、音声通話やネット接続に必要なカード、これがないと電話もネットもできません。

【教えてシム子先生!】そもそもSIMカードって何?通信回線やサイズの種類まで勉強しましょう。

SIMフリー
キャリアのSIMロックがかかっていないスマホのこと

通常ドコモなどで買ったキャリア端末ではキャリアの契約でしか使えません。SIMフリースマホとはそんなキャリアによってロックが施されていない端末のことです。SIMフリーのスマホなら、通信業者や回線を選ばずに基本的にどの業者のSIMカードを使っても通信を行うことができます。
ドコモやauなど異なる通信方式を採用する事業者でも利用できるのが大きな特徴でしが、周波数の関係でまれに対応できない場合があるので、乗り換えのときは公式サイトなどで、対応する機種か必ず確認しましょう。

ドコモで購入したiPhone8&Xを格安SIMで使いたい!すぐにSIMフリー化できるの?

SIMロック
他社のSIMカードが利用できないようにロックされていること

SIMロックとは、他社のSIMが使えないように端末にロックをかけ制限されていることを示します。今まで日本では通信規格やサービスの関係でSIMロックがかけられてきましたが、その制限を解除すれば、お手持ちのスマホがどの格安SIMでも使えるようになります。2015年5月以降に発売されたスマホなら一定期間を経ていれば、大手キャリアのウエブサイトで無料でSIMロック解除できるので、今使っているスマホで自由に格安SIMを使いたいなら解除しておきましょう。

SIMロックって何?SIMロック解除ってもっと何!?格安SIMを確実に使いたいなら要チェック!

SMS
ショートメールのこと

ショートメッセ―ジサービス(SMS)はメールの代わりに相手の電話番号利用して短いメッセージを送るサービス、メールアドレス交換不要で、相手の電話番号さえわかれば送信することができます。LINEなどのSNS認証などにも使われたりアプリによっては必要なことも多いサービスです。

【あ】

音声SIM
データ通信+音声通話ができるSIM

音声SIMはデータ通信+音声通話ができるSIM、今までのスマホをそのまま使いたいならこちらの契約が必要、音声通話のほか、もちろんデータ通信やSMSも使えます。

格安スマホのデータSIMと音声SIMって何が違うの?どのタイプを選べばいいの?【SIMカードの機能の選び方】

【か】

 

格安SIM
MVNOと呼ばれる通信業者が販売するSIMカード

格安SIMはMVNOと呼ばれる通信事業者が提供しているSIMカードです。自身で通信のネットワークを持たず、大手キャリアから通信回線を借りてサービスを提供しているためコストを削減でき、割安な通信サービスをユーザーに提供しています。

格安SIMはそもそもなぜ安いの?利用料金が安い理由とは?「怪しい・・・」と思ってるなら確認してみよう!

 

カウントフリー
特定のアプリの通信量がカウントされないサービス

カウントフリーは指定のアプリを利用する際に発生するデータ通信量がカウントされないサービス、YouTubeばかり見る、FacebookやLINEなどSNSばかり利用するという方は、カウントフリーが利用できる格安SIMを選ぶことで月額料金を大きく節約できる可能性があります。

カウントフリーって何?仕組みを知れば格安SIMはもっとお得に!SNSや動画も見放題でデータ容量を節約しよう!

 

かけ放題
無料通話がかけ放題になるオプション

格安SIMの通話は普通、20円/30秒が一般的ですが、そのまま使うと、1時間で2,400円もかかってしまいます。そこで、かけ放題のアプリを使うことで1回何度でも3分・5分・10分の無料通話ができる定額オプションをかけ放題といいます。ほとんどのMVNOは5分・10分程度のかけ放題オプションが使えるが無制限のかけ放題を利用できるのはワイモバイルと楽天モバイルだけとなっています。

【格安スマホの通話事情】格安SIMでも通話できるの、かけ放題は使えるの?

キャリア
ドコモ・auなどの通信事業者のこと

キャリアとは独自回線を持つ通信事業者のことでドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルのことを指します。格安スマホの説明でキャリアといえば、ドコモ・au・ソフトバンクの3社を表すことが多く、ワイモバイルはサブキャリアといわれ格安SIM側で紹介されることが一般的です。
キャリアメール
「@docomo.ne.jo」などのキャリアが提供しているメールアドレス

キャリアメールは「@docomo.ne.jo」などのキャリアが提供しているメールです。auのEZwebメール(〜@ezweb.ne.jp)ソフトバンクのS!メール(〜@softbank.ne.jp)もこれに当たります。格安SIMに乗り換えるとこれらは使えなくなりますが、Gmailなどフリーメールで代用できるので問題ありません。

格安SIM(格安スマホ)にするとキャリアメールが使えないって本当?

【さ】

白ロム
キャリア端末のSIMが抜かれた中古端末のこと

白ロムはキャリアで販売された端末からSIMカードが抜かれたもの、SIMフリーと同じと思われますが、あくまでSIMカードを抜いただけなのでSIMロックがかかっており、ドコモ系ならドコモの通信網に対応するMVNOでのみ利用可能です。

【た】

通信速度
ウェブ閲覧や動画視聴に必要となる通信回線速度のこと

ウェブ閲覧や動画視聴をストレスなく楽しむためにはある程度の通信速度が必要となります。各格安SIMの会社では、通信速度を公表しているが、最高速度の表示は最高のパフォーマンスが出ている時の数字なので、あまりあてにはなりません。実は最高速度よりも最低速度が重要で、実際使ったときの数値で4Mbps以上出ていれば、動画再生のストレスも少ないといわれています。瞬間的な最高速度より、定期的に4Mbps以上出ているのかが重要なポイントとなります。

ドコモ系
ドコモ回線を使った格安SIM

格安SIMはキャリアの回線を借りて運用していますが、ドコモの回線を借りている格安SIMをドコモ系、auの回線を借りている格安SIMをau系、ソフトバンクの回線を借りている格安SIMをソフトバンク系、といいます。端末側と対応回線が一致しないと使うことができないので、回線の選択ミスには注意しましょう。

ドコモ系(mineo、楽天モバイル、イオンモバイル、IIjmioなど)au系(IIjmio、mineo、UQモバイル、BIGLOBEモバイルなど)ソフトバンク系(U-mobile、b-mobileなど)ちなみにワイモバイルはソフトバンク系の回線とされていますが、実質は独立しているのでSIMロック解除をしないと使えません。

データSIM
データ通信専用のSIM

データSIMはデータ通信専用のSIMでSMS機能付きも有料で選ぶことができる。音声通話ができない分、基本料は安くなります。データ通信のみに対応するタブレットなどと相性がいいです。

データ通信専用SIMを契約して音声通話をアプリで節約するのってアリなの?究極の奥義2台持ちも紹介!

データ通信量
ウエブの閲覧や動画の視聴に必要なデータ容量のこと

スマホでウエブの閲覧や動画を楽しむためには3GBなどで表示されるデータ容量が必要となります。データ容量は用途や使用頻度によって人それぞれですが、毎月のデータを参考にしてちょっと余るぐらいの容量を選ぶのがコツです。データ容量の目安は、ほとんどネットを見ない場合は、1GB~2GB、多少はネットを見るという場合は、3GB~5GB、動画をよく見る場合は7GB~20GB、家にWi-Fiがあるなら節約できるので上手く活用しましょう。

格安SIMのデータ通信量は何GBを選べばいいの?メールを受信するだけ、動画をガッツリ見る、などタイプ別に目安を紹介します。

 

 

まとめ

格安SIMのことを調べていると、専門用語など、たくさんの知らない言葉が出てきますよね。

ただでさえ難しいスマホの料金プランに専門用語まで出てきたら、「わけわかんない!もうどうでもいいや〜」ってなるのではないでしょうか?

私も1度は諦めかけましたが一生懸命頑張って勉強して格安SIMに乗り換えました。

このページでは、私が調べていてわからなかった言葉を、英数字順、あいうえお順に並べて紹介しています。わからない言葉があればまずはこちらを確認してみてくださいね。

アナログ男
こんなにたくさんの専門用語を教えて頂いてありがとうございます。これで格安SIMのことをなんとか理解できそうです!

格安SIMの仕組みがまったくわからない方

格安SIMの仕組みがまったくわからない方はこちらのQ&Aも参考にしてみましょう。

格安SIMや格安スマホのことがまったくわからない初心者のあなたへ、どこよりもわかりやすく丁寧に紹介します。

 

格安スマホの基本をすべて知りたいならまずここから読みましょう。




もっと安くスマホを使いたい!
格安SIM初心者の方はまずココ!

格安SIMでスマホ料金は半額になる。格安スマホの基本がわかる1番最初に読むページです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です